2015年11月03日

39. 月読神社 〜京都府京都市西京区〜

11月に入り、すっかり秋めいた・・・というよりも秋もそろそろ終わりそうという感じの札幌です💦
よく、道外の方に「北海道の人は寒いのは平気なんでしょう?」と聞かれますが・・・

そんなワケあるかーーーーーい❗💥

普通に寒いですよ❗😵
毎年この時期になると憂鬱な気分になります・・・💧
雪が降ると神社へも足があまり向かなくなってしまうし・・・
その前に色々行っておこうと思ってたのですがなかなか時間が取れず全然行くことができていません。
更にこの時期だと紅葉が終わりかけていて木々もなんとなく寂しい風景を演出してるので写真を撮る気が失せ気味😞
今から既に「早く春にならないかなぁ」という気分です(笑)

さて、7月25日〜27日の京都2泊の旅の続編ですが、たった2泊だからもうあっという間に札幌へ帰る日です❗
まだまだ行きたいところはたくさんありますが、朝早くから行動して、竹生島神社であった知人に色々伺ったお話しをもとに優先順位で行きたいところを攻めてきました😃

まずはココ。


6.JPG


『月読神社』

所在地  京都府京都市西京区松室山添町15
御祭神  月読尊(つきよみのみこと)
社格等  式内社(明神大社)
     松尾大社境外摂社
例祭   10月4日
鳥居   明神鳥居
拝殿   流造

【由緒】
月読神社は、顕宗天皇3年(487年)に阿閉臣事代(あへのおみことしろ)が勅命によって任那(みまな=朝鮮半島)に派遣される際、月神が現れ、その託宣によって山城国葛野郡歌荒樔田(うたあらすだ)に社殿を創建したのが始まりとされる。
その後、斎衡3年(856年)に現在地に遷座したと伝えられている。
本殿は江戸時代に建立されたもの。


3.JPG

5.JPG



場所は嵐山駅の一つ前の駅の松尾大社駅から松尾大社へ向かい、松尾大社・二之鳥居のところで左折して徒歩で10〜15分ぐらい(だったと思う)。
真夏の炎天下の中、のんびりとした雰囲気の住宅地をトランクを引きずりながら熱中症にならないように片手にミネラルウォーター・・・
ホント京都へ来てから何本消化しただろう?
2Lのを買ってホテルに置いておけば良かった・・・今度からそうしよう。
そんなことを考えてるうちにやがて鳥居が見えてきました💡

鳥居の横に石碑があります。

1.JPG 2.JPG


この神社は京都市指定文化財に定められています。

夜を支配する月読尊様に関することでよく知られているのは天照大神様の弟神様ということですかね。
個人的なイメージだと、物静かに物事を見据えていて、とてもクールで知的なイメージ。
あと、イケメン(笑)

天を照らし生命を育み活動的にさせる太陽(天照大神様)とは反対に、生命を眠らせて癒す月。
月といえばどうしても神秘的なイメージ・・・いかなる時代であっても神秘的なものの対象です。
そんな魅力的な月の神、月読尊様が管轄する神社はどんなところなのか・・・ずっと前からワクワクしていました
因みに全国に幾つかある月読神社ですが、北海道にはありません😞

よく、太陽は男性、月は女性とも例えられるけど、最近の女性は月とはちょっと違うイメージの人が多いかな(笑)
私もそうかもしれません(笑)

ただ、女性の体のサイクル(月経)は月のサイクルと基本的には同じです。
また出産も満月と新月の時が多いのは昔から知られていて、データも残されています。
不思議な関係の月と女性。
もちろん男性も、動物も植物も昆虫も月の影響を受けてるけど話しがそれちゃうので詳しくはまた別の機会に。

4.JPG


そうそう❗
この景色❗
ずっと来たかった・・・❗

一礼して階段を上がります。

7.JPG
神門


神門を抜けた先は異世界でした

29.JPG


あんなに暑かったのに気温下がった!?ってぐらい清涼感が凄かったです
暑さがどこかへ飛んでいったみたいに不思議な感覚でした。

とても癒される感じ

神様が人払いをしてくれたのか、そこにいた数人の団体様が私と入れ違いで出て行き、次の場所へ移動しようと思うその時まで誰も来ませんでした。

目一杯、静かな時間をこの境内で過ごしました

初っ端から不思議なことばかりのこの旅でしたが、次の目的地『松尾大社』でもとても不思議なお導きがありました
次の投稿で書きますが、ちょっとだけお楽しみに

26.JPG
舞殿


神門をくぐるとそこに舞殿があるのですが、四面をビニールで覆われていました。
台風が直撃の予定だったのでその対策かな?
結局台風は上陸せず滞在中は毎日晴天でしたが

その奥に月読尊様を祀るお社があります。

24.JPG

25.JPG 22.JPG


自然に囲まれて、とても居心地が良いです
この中に住みたいぐらい(笑)

あちらに見えるのは聖徳太子社です。

23.JPG


10.JPG 9.JPG
聖徳太子社


赤金の屋根がいいですね

11.JPG
願掛け陰陽石


12.JPG


この二つの石を撫でて願いをかけるものですが、だいたいいつも
「世界の人たちの笑顔が少しでも増えますように〜」
ぐらいしか願いません。
もしくはノらない(笑)
基、願掛けには興味がない(笑)

・・・というのも、個人的な願望ってのは自分の努力で叶えるものだからね・・・

ついでに、私が色んな神社を巡ってるのを見て「パワースポット巡りしてるの?」「それで運気上がるの?」とかいう方もいますが、どちらも全く違います。
ミーハーなパワースポットマニアでもありませんし、神頼みしたりパワーを神様からもらいに行ってるわけでもありません(笑)
邪念と煩悩まみれで神様からのご慈悲を受けられるとは思いません。
第一、”パワースポット”だと思って行ってません(笑)
時にはそういう場合も人や環境によりあるとは思いますが・・・

あと、神社には神様だけがいるかと言えばそうではありません。
他の目に見えないものもいます。

最近の誰が言ったか知らないが”パワースポットブーム”に多少、嫌気がさしています・・・(笑)

16.JPG
解穢の水

手水舎に代わるものですが、お山からの霊水だそうです
ここにあるのを気が付かなくて、気づいたのは参拝した後でした

14.JPG

15.JPG


安産を司る月読尊様の神社には子宝を望むたくさんの方々が訪れているようです

19.JPG
月延石

18.JPG

17.JPG 20.JPG


赤ちゃんを望む皆さんのところには今頃家族が増えているといいですね

28.JPG
神門から参道の眺め

27.JPG


この塀の内と外は別々の世界。
正しく神領とか聖域というのにふさわしい場所でした

神様の温かさと涼しげな空気で(矛盾した表現だけど)、心静かになりたい時は特にいい場所

京都へ来る時は必ず寄ってしまうかな、きっと
posted by RYO at 22:54| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

38. 建部大社 〜滋賀県大津市神領〜

前回からの続き。(「自分のルーツを求めて」)

京都から滋賀へ足を延ばして琵琶湖の竹生島神社へ行き、その帰りに瀬田の唐橋へ行きました。

橋の入り口に看板があります。

1.JPG


橋を超えた先には建部大社があるのか・・・とちょっとワクワクしながら・・・


8.JPG


『建部大社』

所在地  滋賀県大津市神領一丁目16-1
御祭神  日本武尊(やまとやけるのみこと)
     天明玉命(あめのあかるたまのみこと)
     大己貴命 (おおなむちのみこと)
     草野姫命(かやのひめのみこと)
社格等  式内社
例祭   4月15日
鳥居   明神鳥居
拝殿   一間社流造

【由緒】
当社は近江国の一の宮と称えられ、景行天皇四十六年(西暦三一六)四月神崎郡建部郷千草嶽に、日本武尊の御神灵を建部大神としてお祀りしたのが創りである。
天武天皇白鳳四年(六七五)四月に近江国府のあった瀬田の地にお迂し、此の国の守護神として仰ぎ奉られる様に なった。天平勝宝七年(七五五)には 孝徳天皇の詔により大和一の宮大神神社から大己貴命を勧請し権殿に奉祭せられ現在に至っている。


11.JPG



実はこの建部大社、これまた不思議なご縁があって、私が以前から公私共にとてもお世話になっていて”父”のようにも”兄”のようにも慕っている社長さんに深い縁がある神社なのです
その方のご先祖様はなんとこの神社の御祭神である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様
曾々々お爺様や曾々お爺様などが日本史や古い書物に名前が載ってる由緒正しきご子孫
そのご縁もあるのでこの建部大社には関西方面へ行った祭によく参拝されていて、その度に建部大社の仕事守りや勝守りなどを買ってきてくれる方なんです
なので以前からずーーーっと建部大社は気になっていて一度は訪れたいと思っていました。
その方には一緒にビジネスの面で関わらせていただいてたこともあり、出張などの機会があれば同行させていただこうとも思ってたけどなかなか機会がなく・・・
お互いご先祖様の時代から縁が近く、現世においてもご縁があり関わらせていただいて、考えるととても不思議というか、先祖代々決められたご縁と捉えるべきか、そんなこんなでこれは一度きちんと参拝に訪れたいと思っていたのが今回のタイミングで可能になるなんて・・・

余談ですが、そのお世話になってる社長さんは、正しく戦いの神様である日本武尊様のように戦(いくさ)とは言わないけど何かアクシデントがある程ワクワクしちゃうような方でして(笑)、また何があっても絶対に勝ち上がるタイプの、本当に勇ましくてメンタルも強くてものすごく頭がキレる方で勉強家、それでいて器も大きく情に厚い温かい方で人として憧れの方、人として大好きな方でもあります
自分もこうなりたい・・・男女問わずそう思わせられてしまう人たらしでもあります

さて、その方のご先祖様である日本武尊様をお祀りする神社は一体どんな神社なのか、妄想しながら橋を渡り終えて少し歩くと社号標が💡

2.JPG


またその少し先に・・・見えてきました

3.JPG


案外近かったです

4.JPG

5.JPG


そうそう、日本武尊様を描いたアニメも過去にあったような・・・

6.JPG

7.JPG


一の鳥居からの長い参道に余計に心が逸ります

9.JPG


この参道をずっと行って左折すると二之鳥居と神門が現れます💡

10.JPG

12.JPG

13.JPG


松や両脇の灯篭がまたいい雰囲気で風情があります〜

14.JPG
手水舎

16.JPG
社務所

15.JPG
神門


とても素敵な神門
御神燈の大きな提灯、神紋の入った幕。
神紋は、一夜にして成長したと伝わる御神木の三本杉を模したもの。

夏の建部大社の神門には硝子の風鈴がたくさん飾ってありましたよ

17.JPG


風が吹くたびにチリンチリンと涼しげでとてもいい音色が響き渡ります

で・・・もう既にお気付きの方もいるかもしれませんが・・・
そうなんです
到着した際には既に閉門していました😵(笑)
遅かったか〜

しかし、この私ですからそう簡単には諦めません(笑)

19.JPG


無礼をして神様に怒られるかな・・・という不安がありながらも、神門の隙間からネチっこく写真を撮らせていただきました(笑)
心の中で神様に土下座しながら💦(笑)

20.JPG


以外と綺麗に撮らせてくださいました
こちらは拝殿。
右手前にあるのが幕にもある神紋となっている御神木の三本杉です

ここからでも神域のピンとした空気感が伝わってきます

21.JPG


左奥に摂社・末社が並んでいるのも見えました💡

拝殿の奥には本殿・権殿があって、お社も幾つかあり、宝物殿には日本武尊様の肖像が描かれた古い千円札や重要文化財の女神像などもあるようです。

神紋の前であまりしつこく写真撮ってたら怪しまれるのでこの辺にして、また改めて参拝に伺わせてもらうことにしました

斜め後ろに庭園のようなところがあったので寄ってみました

22.JPG

24.JPG
参集殿


参拝に来られた方がここで一休みするのでしょうか。

ふと足元をみると立て看板が💡

23.JPG


建部川柳・・・

ジワジワくる・・・(笑)

境内の塀にも立派な門があってここにも神紋がついてて重厚感がありました

25.JPG


気がつけばとっぷりと陽が暮れて・・・

26.JPG


名残惜しいけどそろそろ撤退しなければ・・・

27.JPG 28.JPG
神門から参道の眺め


参拝を諦めて戻る参道・・・
でもこの後に私はとても素晴らしい景色に出会うのでした(「自分のルーツを求めて」)

ご先祖様が足繁く通ったであろう建部大社。
今回は参拝はできなかったけど、この土地を踏むことができました
また近いうちに、必ずきちんと参拝に来ます、と神様に約束をして夕暮れの建部大社を後にしました

29.JPG
posted by RYO at 23:39| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のルーツを求めて -瀬田唐橋- 〜滋賀県大津市瀬田〜

前回の琵琶湖・竹生島神社で過ごした皆さんと解散した後、私は一人、電車で滋賀県内の大津市へ向かいました。

今回の旅、実は他にも目的がありました。
それは、自分の体のDNAの一部にもなっているご先祖様の記憶を辿ること。
私のルーツ。
自分はどこから来たのか、どこにいたのか、どんな景色を見ていたのか・・・
神社を巡るようになって以来、そんなことを考えるようになりました。
今ここに自分がいるということは、当然父と母が在ってこそ。
その父と母が在るのも両祖父母が在ったから。
更に遡っていくとたくさんのご先祖様がいて、その誰か一人が欠けていたら今の自分はここにはいない。
空想じみた話だけどこれは紛れもない事実。
だから私が今ここにいるのはご先祖様たちのお陰。
今これを読んでいるあなたもそう。
どれだけ親を憎んでようが疎遠になっていようが、その体には両親を含む多くのご先祖様たちのDNA(魂の記憶)が刻まれているんです。
そのDNAはまた、あなたの体を象っている。
そう思うと、”自分”って貴重な存在ですよね
だから”自分”を大切にしてください

話しがちょっとそれたので元に戻して、目的地についた時間は午後4時頃。
竹生島で皆さんと離れるのが惜しくてついつい長居してしまい、予定より遅い時間になってしまいました💦

DSC_4739.JPG

1.JPG


この先に目的地があります。
その目的地はどこかというと、ここです

2.JPG


瀬田の唐橋
琵琶湖を南下して「唐橋前駅」から西に向かうとすぐ瀬田唐橋と瀬田川に着きます。
ここでちょっと雑学💡
橋には入口と出口がちゃんとあるのです🔍
見分け方は漢字で表記されている橋名版があるのが入口、ひらがなで表記されている橋名版があるのが出口。
なのでこの写真は入口になります

私の父方の祖父というのはテキトーな人で(笑)、先祖代々の細かな情報というのは殆ど聞いたこともないし残ってもいないんだけど、滋賀県の”瀬田”ということだけは知っていました。
”瀬田”のどこかは分からないけど、ここら辺で有名な”瀬田唐橋”と”瀬田川”は確実にご先祖様もその景色を見ていただろうと、そして一度はそこを訪れてみたい、という想いがありました。
そこで特殊な体験をしたいなどということではなく、単純にご先祖様がいた土地を踏んでみたかった。

この橋名板を見た瞬間、「やっと来れた」と胸が高鳴りました
唐橋と聞いて朱色をイメージしていたんだけど、渋い山吹色でした

写真も何も見ないできたので、昔のまま残されているのかどうか全く皆無でしたが、現在は国道になっていて、結構車通りがある幹線道路になっていました。
川に架かっている橋だから車通りが多いのは当たり前といえば当たり前かな

3.JPG


中島があるので橋が2つになっています。

4.JPG
瀬田川 下流方面


逆の入口には「瀬田川」という板がついてます。

7.JPG


瀬田川は琵琶湖から流れてきて、下流へ行くと宇治川、そして大阪へ入って淀川と合流して大阪湾へ出ます。

ところであの橋の柱の上についてる玉ねぎみたいな飾り、唐橋や古い建造物に使われているのをよく見かけますが、どういう意味があるか知っていますか?

気になったので調べました

「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」といって、仏典では災いを断つ力を持つとされている「宝珠(ほうしゅ)」と呼ばれる珠(丸い珠で頭がとんがってる)に似せたので擬宝珠となったそうです💡

橋というのは出入り口。
悪いものが入って来ないように魔除けとして飾られているんでしょうね

8.JPG


う〜ん・・・そういうことも妄想しながら橋を渡ると更に妄想が加速します(笑)

この瀬田橋、「唐橋を制するものは天下を制する」と言われ、古来より京都の喉元を握る交通・軍事の要衝として重視されてきたそうです。
瀬田橋が戦の歴史舞台になって約千八百年。
古くは大津京が幻の都となった大友皇子と大海人皇子(おおあまのおうじ)の『壬申(じんしん)の乱』をはじめ、『寿永の乱』、『承久の乱』『建武の乱』など数多くの戦乱の舞台ともなりました。
織田信長の瀬田橋の架け替えは、比叡山焼き討ちの4年後、天正三年(1575)に諸国の道路修理を命じ関税を免除するとともに、瀬田城主、山岡景隆と木村次郎左ヱ右衛門を奉行に任命し、近江の朽木などから木材を調達し、長さ百八十間(約350m)、幅四間(約7m)の一本橋をわずか3ヶ月という突貫工事で架け替えさせたといわれています。

この土地を行き来していた人々にとって、とても重要な意味を持った橋だったようです

11.JPG
瀬田川 下流 中島の向こう側

10.JPG
瀬田川 上流


川の対岸に何やら絵が💡

12.JPG


藤原 秀郷(ふじわら の ひでさと)という平安時代中期の貴族・武将らしいです。
このような看板がありました

31.JPG


この看板では”爺さん”という人物が出てきますが、”娘”という説もあります。
wiki先生から抜粋

「百足退治伝説
近江国瀬田の唐橋に大蛇が横たわり、人々は怖れて橋を渡れなくなったが、そこを通りかかった俵藤太は臆することなく大蛇を踏みつけて渡ってしまった。
その夜、美しい娘が藤太を訪ねた。
娘は琵琶湖に住む龍神一族の者で、昼間藤太が踏みつけた大蛇はこの娘が姿を変えたものであった。
娘は龍神一族が三上山の百足に苦しめられていると訴え、藤太を見込んで百足退治を懇願した。
藤太は快諾し、剣と弓矢を携えて三上山に臨むと、山を7巻き半する大百足が現れた。
藤太は矢を射たが大百足には通じない。
最後の1本の矢に唾をつけ、八幡神に祈念して射るとようやく大百足を退治することができた。
藤太は龍神の娘からお礼として、米の尽きることのない俵などの宝物を贈られた。
また、龍神の助けで平将門の弱点を見破り、討ち取ることができたという。
伊勢神宮には、秀郷が百足退治に際して龍神から送られた、という伝来のある太刀が奉納されており、「蜈蚣切」(蜈蚣切丸、とも)の名で宝刀として所蔵されている。

ちょっと驚いたのが、竜宮というフレーズ
龍伝説は至る地域で在るけど、この滋賀の地にもあったんですね

橋を渡ってすぐに私が尊敬する方に縁(ゆかり)のある建部大社があります。
ここも以前からずっと行ってみたかった神社
ということで、橋の出口を抜け足早に・・・

次の記事で詳しく書きますね

建部大社から唐橋駅へ向かうため、太陽が沈む時刻にまた瀬田唐橋を渡ったのですが、ここで初めてわかりました。
私がこの日、この時間、ここに来た理由。

15.JPG


橋に踏み入れてこの景色を見た瞬間に魂が震えるのを感じました

台風が来ていたのに京都は初日から晴れていて、この日も晴天の竹生島に上陸でき、そこで長居せずすぐに瀬田へ向けて出発していなければこんな景色は見れなかったんです

「遅くなっちゃった💦」と焦っていたけれど、遅くて良かったんだ。
全て予定されていたんだ、とそう思わずにはいられない景色に息を飲みました。
大きく羽ばたく鳳凰のようにも見える雲に神様の存在を感じずにはいられませんでした。

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG


360°どこを見てもこの景色
幻想のような世界に圧倒されて暫くひたすら眺めていました。

21.JPG

22.JPG

23.JPG


遠くの山並みを眺めながら、自分のご先祖様も見ていた景色なんだなと思うと過去にタイムスリップしたような感覚になり、何故か心の奥から涙がこみ上げて遥か昔に想いを馳せていました。

24.JPG

25.JPG

26.JPG

27.JPG


後から知ったのですが、瀬田唐橋からの夕陽は”琵琶湖八景”の一つ、そして”近江八景”の一つとしても有名で、”日本三名橋”の一つしても有名な長橋でした

前回の記事でも書いた竹生島は同じく”琵琶湖八景”の一つ「深緑 竹生島の沈影」でした。
ご先祖様のルーツを辿ってきた場所がまたその一つ、「夕陽 瀬田石山の清流」、更に”近江八景”では「瀬田の夕照」として名所だったとは

こんな素晴らしい景色に出会わせてtくれて、ご先祖様から プレゼントをもらった気分

いつかまた滋賀に来て、琵琶湖八景と近江八景を制覇してみたい気分になりました
私の飽くなき探究心が疼きます

28.JPG

29.JPG

30.JPG


同じような写真ばかりでスミマセン💧
壁紙などに・・・って誰もしないか(笑)

ご自身のルーツ探しの旅、言葉でうまく表せないけど色んな想いが溢れてくるものでした。
この感じ、うまく伝えられないから皆さんもご自身でご先祖様がいた場所に行ってみて、感じてください
細胞ひとつひとつのDNAに刻まれたものを感じに・・・

なんとなく、自分の中で変化が起こった感じがします

時間と共に色を変えるグラデーションの空に、ここを訪れることができたことを心から感謝して夕闇の中、京都のホテルへと戻るのでした。
posted by RYO at 23:37| Comment(0) | 魂の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする