2015年11月03日

39. 月読神社 〜京都府京都市西京区〜

11月に入り、すっかり秋めいた・・・というよりも秋もそろそろ終わりそうという感じの札幌です💦
よく、道外の方に「北海道の人は寒いのは平気なんでしょう?」と聞かれますが・・・

そんなワケあるかーーーーーい❗💥

普通に寒いですよ❗😵
毎年この時期になると憂鬱な気分になります・・・💧
雪が降ると神社へも足があまり向かなくなってしまうし・・・
その前に色々行っておこうと思ってたのですがなかなか時間が取れず全然行くことができていません。
更にこの時期だと紅葉が終わりかけていて木々もなんとなく寂しい風景を演出してるので写真を撮る気が失せ気味😞
今から既に「早く春にならないかなぁ」という気分です(笑)

さて、7月25日〜27日の京都2泊の旅の続編ですが、たった2泊だからもうあっという間に札幌へ帰る日です❗
まだまだ行きたいところはたくさんありますが、朝早くから行動して、竹生島神社であった知人に色々伺ったお話しをもとに優先順位で行きたいところを攻めてきました😃

まずはココ。


6.JPG


『月読神社』

所在地  京都府京都市西京区松室山添町15
御祭神  月読尊(つきよみのみこと)
社格等  式内社(明神大社)
     松尾大社境外摂社
例祭   10月4日
鳥居   明神鳥居
拝殿   流造

【由緒】
月読神社は、顕宗天皇3年(487年)に阿閉臣事代(あへのおみことしろ)が勅命によって任那(みまな=朝鮮半島)に派遣される際、月神が現れ、その託宣によって山城国葛野郡歌荒樔田(うたあらすだ)に社殿を創建したのが始まりとされる。
その後、斎衡3年(856年)に現在地に遷座したと伝えられている。
本殿は江戸時代に建立されたもの。


3.JPG

5.JPG



場所は嵐山駅の一つ前の駅の松尾大社駅から松尾大社へ向かい、松尾大社・二之鳥居のところで左折して徒歩で10〜15分ぐらい(だったと思う)。
真夏の炎天下の中、のんびりとした雰囲気の住宅地をトランクを引きずりながら熱中症にならないように片手にミネラルウォーター・・・
ホント京都へ来てから何本消化しただろう?
2Lのを買ってホテルに置いておけば良かった・・・今度からそうしよう。
そんなことを考えてるうちにやがて鳥居が見えてきました💡

鳥居の横に石碑があります。

1.JPG 2.JPG


この神社は京都市指定文化財に定められています。

夜を支配する月読尊様に関することでよく知られているのは天照大神様の弟神様ということですかね。
個人的なイメージだと、物静かに物事を見据えていて、とてもクールで知的なイメージ。
あと、イケメン(笑)

天を照らし生命を育み活動的にさせる太陽(天照大神様)とは反対に、生命を眠らせて癒す月。
月といえばどうしても神秘的なイメージ・・・いかなる時代であっても神秘的なものの対象です。
そんな魅力的な月の神、月読尊様が管轄する神社はどんなところなのか・・・ずっと前からワクワクしていました
因みに全国に幾つかある月読神社ですが、北海道にはありません😞

よく、太陽は男性、月は女性とも例えられるけど、最近の女性は月とはちょっと違うイメージの人が多いかな(笑)
私もそうかもしれません(笑)

ただ、女性の体のサイクル(月経)は月のサイクルと基本的には同じです。
また出産も満月と新月の時が多いのは昔から知られていて、データも残されています。
不思議な関係の月と女性。
もちろん男性も、動物も植物も昆虫も月の影響を受けてるけど話しがそれちゃうので詳しくはまた別の機会に。

4.JPG


そうそう❗
この景色❗
ずっと来たかった・・・❗

一礼して階段を上がります。

7.JPG
神門


神門を抜けた先は異世界でした

29.JPG


あんなに暑かったのに気温下がった!?ってぐらい清涼感が凄かったです
暑さがどこかへ飛んでいったみたいに不思議な感覚でした。

とても癒される感じ

神様が人払いをしてくれたのか、そこにいた数人の団体様が私と入れ違いで出て行き、次の場所へ移動しようと思うその時まで誰も来ませんでした。

目一杯、静かな時間をこの境内で過ごしました

初っ端から不思議なことばかりのこの旅でしたが、次の目的地『松尾大社』でもとても不思議なお導きがありました
次の投稿で書きますが、ちょっとだけお楽しみに

26.JPG
舞殿


神門をくぐるとそこに舞殿があるのですが、四面をビニールで覆われていました。
台風が直撃の予定だったのでその対策かな?
結局台風は上陸せず滞在中は毎日晴天でしたが

その奥に月読尊様を祀るお社があります。

24.JPG

25.JPG 22.JPG


自然に囲まれて、とても居心地が良いです
この中に住みたいぐらい(笑)

あちらに見えるのは聖徳太子社です。

23.JPG


10.JPG 9.JPG
聖徳太子社


赤金の屋根がいいですね

11.JPG
願掛け陰陽石


12.JPG


この二つの石を撫でて願いをかけるものですが、だいたいいつも
「世界の人たちの笑顔が少しでも増えますように〜」
ぐらいしか願いません。
もしくはノらない(笑)
基、願掛けには興味がない(笑)

・・・というのも、個人的な願望ってのは自分の努力で叶えるものだからね・・・

ついでに、私が色んな神社を巡ってるのを見て「パワースポット巡りしてるの?」「それで運気上がるの?」とかいう方もいますが、どちらも全く違います。
ミーハーなパワースポットマニアでもありませんし、神頼みしたりパワーを神様からもらいに行ってるわけでもありません(笑)
邪念と煩悩まみれで神様からのご慈悲を受けられるとは思いません。
第一、”パワースポット”だと思って行ってません(笑)
時にはそういう場合も人や環境によりあるとは思いますが・・・

あと、神社には神様だけがいるかと言えばそうではありません。
他の目に見えないものもいます。

最近の誰が言ったか知らないが”パワースポットブーム”に多少、嫌気がさしています・・・(笑)

16.JPG
解穢の水

手水舎に代わるものですが、お山からの霊水だそうです
ここにあるのを気が付かなくて、気づいたのは参拝した後でした

14.JPG

15.JPG


安産を司る月読尊様の神社には子宝を望むたくさんの方々が訪れているようです

19.JPG
月延石

18.JPG

17.JPG 20.JPG


赤ちゃんを望む皆さんのところには今頃家族が増えているといいですね

28.JPG
神門から参道の眺め

27.JPG


この塀の内と外は別々の世界。
正しく神領とか聖域というのにふさわしい場所でした

神様の温かさと涼しげな空気で(矛盾した表現だけど)、心静かになりたい時は特にいい場所

京都へ来る時は必ず寄ってしまうかな、きっと
posted by RYO at 22:54| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: