2015年09月10日

35. 龍宮神社 〜北海道小樽市〜

11653871_777953252317415_1787945529_o.jpg


『龍宮神社』

所在地  小樽市稲穂3丁目22番11号
主祭神  底津和田都美神(そこつわだつみのかみ)
     中津和田都美神(なかつわだつみのかみ)
     上津和田都美神(うわつわだつみのかみ)
     豊受姫命(とようけひめのみこと)
     大物主神(おおものぬしのかみ)
     大毘古命(おおびこのみこと)
     桓武天皇(かんむてんのう)
社格等  旧郷社
例祭   6月21日
鳥居   神明造
拝殿   神明造

【由緒】
当社鎮座の地は明治3年開拓判官岩村通俊が小樽の地に町名を付けるにあたって「イナホ町」と命名したものであるが、「イナホ」はアイヌが祭具として用いる「イナウ」から訛化したもので、この地はアイヌ民族が祭場としていた所であるとも伝えられる。明治2年国有地払い下げの折、榎本武揚は小祠を設けて榎本家の遠祖である桓武天皇を奉祀し、明治9年移民の安意を図るため「北海鎮護」の額を献納した。明治17年江差町に設置された教派神道の龍宮教会分所を同19年4月に当鎮座地に移転し、この小祠に合併し、龍宮殿と称していた。明治29年7月本間豊雄(初代社司)が土地・社宇一切を譲り受け、これを神社に寄付し神職として奉仕した。明治30年6月大和田津美神社と公称することが許可され、同31年4月龍宮神社と改称し、大正5年3月村社に列格した。同7年12月長橋町に鎮座していた小樽伏見神社を境内に移転し昭和3年9月郷社に昇格し、神饌幣帛料供進神社に指定された。大正15年造営会が組織され昭和16年社殿が改築されている。昭和21年宗教法人となった。



小樽の住吉神社参拝の後、次の神社へ向かおうとしたところ、商店街に出店がたくさんあるのを発見

11241117_777943762318364_483723591_o.jpg
案外、人がたくさん


商店街の催事か何かかな〜と思い、ちょっと寄ってみたらアーケードの方が何やら騒がしい・・・。
近くまで行ってみると・・・

11638664_777972802315460_494184025_o.jpg


exclamation&question

11638523_777973018982105_196574722_o.jpg


お神輿ではないですか
近くの方に聞くと、これから参拝に行こうと思ってた「龍宮神社」の例大祭当日だったのです(6月21日に訪れました)

なんという偶然
ちょっとウキウキしながら出店にも立ち寄ってつまみ食いしながら龍宮神社へ向かいます。

11654063_777950788984328_2067316426_o.jpg

11639514_777952022317538_1794014986_o.jpg


鳥居の手前は国道5号線。

11652227_777952045650869_615355167_n.jpg


小樽には実は”小樽三大祭り”と呼ばれているものがあって、それは水天宮、龍宮神社、そして住吉神社のお祭りだそうです。
後から知りました
水天宮は以前行ったことがあるのですが、そこも不思議なお導きで辿り着いたのでした。
それはまた改めて記事にしたいと思います。




話しを戻してこの龍宮神社、普通の神社とちょっと違います。

11652243_777952368984170_942025583_n.jpg 11652116_777952355650838_736413662_n.jpg


武揚建立exclamation&questionexclamation&question

そうです、この神社は榎本 武揚(えのもと たけあき)という江戸幕末〜明治期の武士・幕臣、政治家の方が建立に関わっていて、とりわけ小樽の発展に尽力されたことを讃えているんだそうですひらめき

階段の上には提灯がたくさん

11639016_777952422317498_629092616_o.jpg


明かりが灯ると風情がでてまた素敵なんでしょうね
正面と左手には空手道場とそれに関わる建物があって、例大祭のこの日はこの空手道場に通ってる子供達の空手の型のお披露目がステージで行われていました
礼に始まり礼に終わる。
武術を見てると日本人の心がそこにあるように感じて、そういうことを幼い頃から教えていくっていうのはとても大事に感じます。
現代に足りないものを補える気がして。

右手に本殿があります。

11639427_777956898983717_1926493650_o.jpg


・・・が、お祭りで賑わう人々で全様をちゃんと写せずスミマセンあせあせ(飛び散る汗)
だけどお祭りなどを機会に神社や神道に触れるのはとてもいいことだと思います

11651136_777953318984075_377725159_n.jpg

11639074_777953798984027_1821317115_o.jpg


本殿内の右側にある肖像画が榎本武揚さんです。

時に辰年の私。
”龍”には何となく執着心があって龍関係には惹かれてしまう性質です
かといって龍神様などにご縁があるわけでもないようですが・・・
厳つくて憧れの存在ではあります

11652184_777956978983709_455572907_n.jpg 1493108_777967175649356_1574381540_n.jpg
御神木と拝殿から参道への眺め


当日はとても良い天気で神様に歓迎されている気分にもなりました

11542661_777957008983706_826275134_o.jpg


晴れた日は空をよく眺めています
その度に地球や宇宙の美しさを感じます。
また壮大さ、強さも想います。
生命の奇跡も。

この次元にある様々なものに想いを馳せます

醜い心を持たない様に、感謝と愛を失わないように・・・
私にとって神社とは心を改めることができる、そんな場所です

11654117_777952558984151_1479589677_o.jpg
posted by RYO at 05:46| 北海道 ☔| Comment(4) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道行きたいです!(^^)時間がほしい(;_;)
Posted by 山口欣也 at 2015年09月10日 20:18
欣也さん、是非来てください!(´∇`)
できる限り案内させてもらいます!(`-´)ゞ
コピーロボットあればいいのに…(笑)
Posted by RYO at 2015年09月11日 06:05
はじめまして
小樽に住んでいたので懐かしかったです。
住吉、龍宮、水天宮のお祭りは華やかでしたね。離れてみると、それがよくわかる感じです。
でも、龍宮さんって入ったことなかったので、写真見て新鮮でした。
書き込み失礼しました
Posted by kei at 2017年01月22日 13:31
>keiさん

はじめまして!( ´∀`)
コメントありがとうございます♪
小樽にもいい神社がたくさんありますねぇ☆
時期になると立て続けに例祭があってとても賑やかでした!
短い北海道の夏の楽しみですね(^-^)
Posted by RYO at 2017年01月23日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: