2015年09月01日

34. 木魂(こだま)神社 〜北海道小樽市〜

前回の記事で書いた、小樽の住吉神社
その参道の途中にある手水舎あたりから左に抜ける道に木魂神社はあります。

11650507_777931465652927_801738331_n.jpg

11639067_777931575652916_837251135_o.jpg


この道の途中、右側に静かに木々に囲まれて木魂神社が佇んでいます。


11638494_777931772319563_467127505_o.jpg


『住吉神社』

所在地  小樽市住ノ江2丁目5番1号
主祭神  大山祇神(おおやまつみのかみ)
     屋船久々奴遅神(やふねくくぬちのみこと)
     草野之姫命(かやのひめのみこと)
鳥居   明神鳥居
拝殿   神明造

【由緒】
小樽木材協会が昭和八年 塩谷丸山下に植林地として十三町八反余の土地を購入、数年間 植林地を実施したのに遡る。昭和十一年秋 同地内に山之神建立の目的を以って社殿を造営、伐採植林の神と併せて故伊藤 良三氏より寄進された木彫りの大山祇神を合祀 社合を木魂神社と称した。その後 昭和十六年 最上町 千秋八幡に奉遷されましたが、昭和四十年四月 火災に遭遇 移転造営の余儀無きに至り松ヶ枝町 金刀比羅大本院境内に 遷座されました。その間 小樽木材業界発展に貢献された三百七拾余柱の物故者を合祀。毎年九月 例大祭と併せて慰霊祭を執り行って参りました。平成元年四月 住吉神社の御厚意により同境内への遷座が許され、木魂神社奉賛会会員を始め、物故者御遺族ほか関係各位の御寄進により同年八月十八日 新造営なった社殿への遷座祭を同年度の物故十八柱と併せて執り行いました。


11639437_777931805652893_2057535716_o.jpg



大山祇神は山の神様、屋船久々奴遅神は伐採の神様、草野之姫命は植林の神様。
港町小樽には海に関する神様だけではなく、緑を守ってくれる神様もちゃんと祀られているのですひらめき
意外な感じがするけど、海の後ろはすぐに山。
人間や動物たちが生きていくためには水や海の恵み以外にも、もちろん山や木々を始めとする山の恵みも必要ですもんね

11292637_777932242319516_1897759452_n.jpg


神社の名前になっている<こだま(木魂または木霊)>とは即ち樹木の精霊のことです。
その名に納得してしまうほどの、優しい穏やかな雰囲気を纏った空気感。
ここに来た瞬間に特別な雰囲気に包まれました
住吉神社のような華やかさは一切なくて、サイズもこじんまり。
だけど、とても神聖な感じかして、ずっとその場に居たい感覚になります

地面には木の花が散って白い絨毯のように

11647263_777931782319562_32995577_n.jpg


何の木なのかなexclamation&question

この空間だけ見ていると宮崎映画の中に紛れ込んだような感覚にもなります

あの『もののけ姫』のコダマや『となりのトトロ』のまっくろくろすけがどこかに隠れてるんじゃないかと・・・

11653851_777932782319462_656661058_o.jpg
拝殿から参道の眺め


如何ですかexclamation&question
大きく派手な神社もいいけど、個人的には人が少ないこういった神社の方が気持ちが落ち着くような感覚がして好きです
特にこの木魂神社は本当に居心地が良く精霊が安らいでる感じがします
住吉神社は知ってて参拝していても、ここの存在に気づいてない方も恐らくいると思うので、住吉神社に参拝の際は是非立ち寄ってみてください

何か良いことあるかもねexclamation
posted by RYO at 06:06| 北海道 ☔| Comment(2) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私はこの頃なにか神社に感じるものがあり、幾つかの神社に参拝しました。木魂神社は澄んだ空気に包まれる感じがとても印象的で、私も長居したくなります。
Posted by ステップ at 2015年12月02日 21:34
ステップさん>

はじめまして!
遅レスすみません(汗)
木魂神社行かれたんですね♪
同じ感覚で、あそこは特別な感じがしてキラキラしてますよね(*´∀`)
Posted by RYO at 2015年12月05日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: